瀬戸内海区水産研究所
トップページ >> >イベント情報 >> 研究成果発表会
研究成果発表会
瀬戸内海区水産研究所 平成22年度研究成果発表会開催のお知らせ
成果発表会キャッチコピー「海想い、魚想いの研究最前線」
 開催情報
  22年度 成果発表会ポスター
日    時

平成22年10月30日(土) 13:00〜16:00
会    場



西区民文化センター 3階大会議室A・B
広島市西区横川新町6番1号(地図・案内はコチラ
TEL.082-234-1960
http://www.cf.city.hiroshima.jp/nishi-cs/index.htm

費    用

無料
定    員

100名程度(定員に達し次第締切)
申 込 〆 切

平成22年10月28日(木)
  申 込 方 法 記載例を参考に、次のフォームにて申込み必要事項をお送りください。なお、送信にはメールソフト送信プログラムを利用するため、メールソフトを起動していない場合は起動を求められます
また、通常のメールでの受付もしておりますので、申込み必要事項をご記載(タイトル「研究成果発表会 参加希望」)のメールを www-feis@fra.affrc.go.jp 宛にお送りください。

※当日参加も可能ですが、定員に達した際は入場をご遠慮いただきますのでご了承下さい。


申込み必要事項
お名前
貴社名
ご所属
e-mail
参加人数
備考
 「送信」ボタンを押して申込み必要事項を送信してください。



記載例 
-----------------------------------------------------------
お名前:  水研 太郎 ※参加人数が2名以上の場合は代表者名
貴社名:  瀬戸内海区水産研究所
ご所属:  業務推進部
E-mail:  メールアドレスを記載
参加人数: *名
備考:  ※その他連絡事項があれば記載ください
-----------------------------------------------------------
 
  お問い合わせ
瀬戸内海区水産研究所 業務推進部 業務推進課 角埜 または 久部 まで
TEL.0829-55-0666
 

 プログラム   
 
13:00-13:10 開会挨拶

13:10-13:40 1.遺伝子情報を利用して赤潮を早期発見
  −有害プランクトンの検出・同定技術最前線−

[ 赤潮環境部 赤潮生物研究室 主任研究員 坂本 節子 ]
 赤潮を形成する有害プランクトンは種類も他生物への影響も多種多様。種を同定するためには専門的な知識や技術が必要です。もっと簡単に高精度に有害種を見つけ出し、客観的に種を判別するために現在開発を進めている、遺伝子検査法を利用した有害プランクトンの検出・同定技術についてお話しします。

13:40-14:10 2.化石燃料が海の生き物に及ぼす影響
  −石油を燃やすと生まれる化学物質−
[ 化学環境部 生物影響研究室 研究員 隠塚 俊満 ]
 私たちはガソリンなど多くの化石燃料を使っていますが、環境への影響について考えたことがありますか?ここでは、化石燃料を燃やすと発生するニトロアレーンが海の生き物に及ぼす影響を紹介します。

14:10-14:40 3.藻場が多いと魚も獲れる
  −瀬戸内海の藻場の現状・特性とこれから−

[ 生産環境部 藻場・干潟研究室 主任研究員 吉田 吾郎 ]
 海の「ゆりかご」である藻場では、多くの海の生物が育まれています。でも、藻場は本当に漁業に貢献しているのでしょうか?また、漁業のためにはどのような藻場が良いのでしょうか?過去の資料の解析と現地調査から、瀬戸内海の漁業を支える藻場と環境の「理想型」についてお話しします。

14:40-14:55 休憩

14:55-15:25 4.魚ぉンテッド!放流魚を追え!
  −食品添加物を用いた魚の新しい標識技術−

[ 栽培資源部 栽培技術研究室 主任技術開発員 太田 健吾 ]
 魚を増やすために、全国の海には毎年たくさんの稚魚(種苗)が放流されています。これらには放流の効果を把握するため、「標識」と呼ばれる目印が付けられ、市場へ水揚げされた時に「いつ」、「どこで」、「だれが」放流したかが判るようになっています。ここでは、これまでに開発してきた食品添加物等を用いたユニークな標識方法を紹介します。

15:30-16:00 総合討論

16:00 閉会


 地図・案内
 
JR横川駅周辺地図 
 公共交通機関
  JR
路面電車
バス
 JR横川駅南口より約200m
横川電停より約200m、横川一丁目電停より約240m
横川新町バス停、横川一丁目バス停より約240m 
※西区民文化センターには地下駐車場(60台)もございますが、一般利用者の方々もいらっしゃいますので、できるだけ公共交通機関ご利用にてご来場いただけますよう、ご協力お願いします。