生産環境部

   内海に棲む大小さまざまな生き物たちの生命がお互いにつながることによって、私たちの食卓を豊かにする有用魚介類の生産が支えられています。生産環境部では、生き物が生まれ育つ藻場や干潟などの浅海域から、漁場である灘や瀬戸部までを、広く研究の場とし、環境と生き物、また、生き物たち相互の関係を通して、瀬戸内海の「幸」が育まれるシステムを解明し、海の豊かな恵みを受け続けるため、海が育んでくれる貴重な食料資源について、質や量をきちんと把握し、上手に利用する方法などを研究しています。
資源動態グループ
   瀬戸内海におけるサワラやカタクチイワシなどの水産生物資源を上手に管理して持続的に利用するため、有用魚介類の成長特性や環境との関係などを研究しています。

 
魚同士の食う・食われる関係を考慮して資源の管理手法を開発する

 
アサリ漁場で観察されたクロダイの穴掘り採食行動とクロダイの胃内容物(食害されたアサリ)

 
ボンゴネットの取り込み

 
クロロテック(右上)と採水器(中下)を用いた観測


環境動態グループ
   瀬戸内海における水温や栄養塩などの海水環境から、プランクトンなど低次の生物生産まで、有用魚介類の持続的な生産を支える環境の把握と保全などを研究しています。

 
「海の牧草」ケイ藻は動物プランクトンなど海の生き物たちの生命の源


藻場・干潟グループ
   浅海域の藻場や干潟について、有用な海藻類、アサリなどの二枚貝類、さらに有用魚介類の持続的な生産を支える環境の把握と保全などを研究しています。

 
アサリの子供はどこからどこに行くのか?(モノクローナル抗体反応で検出される浮遊幼生)

 
干潟調査
 
藻場調査