環境保全研究センター

   瀬戸内海をはじめとする沿岸海域は、天然の海産物を育む重要な場所であると同時に、養殖生産の場所としても非常に重要です。私たちが沿岸海域からもたらされる海の幸を継続して利用していくためには、海の環境についてより良く知り、健全な環境を守るための努力をすることが必要です。環境保全研究センターでは、健全な環境づくりに役立つ調査・研究開発を行っています。
有害・有毒藻類グループ
   微小なプランクトンが引き起こす赤潮や貝毒は、増養殖を中心とした水産業に大きな被害をもたらします。有害・有毒藻類グループでは、赤潮や貝毒の発生機構解明、予察技術開発、被害防止技術開発など、健全な漁場環境を守るための研究開発を行っています。

 
有害赤潮プランクトンの一種シャットネラの栄養細胞(左)とシスト(右)
 
有害赤潮プランクトンの一種ヘテロカプサに感染するウイルス

有害物質グループ
   私たちの大切な海に流れこむ様々な化学物質は、そこに暮らす生きものたちに脅威を与えています。有害物質グループでは、有害な化学物質の挙動や生物への影響調査、除去技術の開発など、海と海の生きものたちに優しい環境を守るための研究開発を行っています。

 
有機スズ化合物によるヒラメの鰓異常(左:正常、右:異常)

 
船底塗料用防汚物質によりマミチョグに生じた脊椎湾曲。Aは上面、Bは側面像。図中の矢印は脊椎の湾曲を示す。